人を知る

街の電気屋から“企業“の管理職へ!オノテックだからできたことです。

  • 電気工事会社で一番働きやすいと本当に思います

    入社のきっかけは、知り合いの紹介でした。
    それまでは街の電気屋さんで仕事をしていましたが、親方気質の上長の昭和型マネジメントについていけず、オノテックに入社を決めました。
    転職のおかげで働く環境はがらりと変わりましたが、それでも私が入社した5年前はまだまだ“ただの町の電気工事屋”でした。

    しかし、住宅専門の電気工事に本気で特化していくことで、その業界で有名になることができ、今では東海トップクラスの“企業“に成長しました。
    会社の人数も増え、それに伴いどんどん企業化が進んできましたね。

    例えば、仕事の進捗をITを活用して管理することで効率化を図ったり、福利厚生をしっかり整備したり、といった点です。

    社長は「日本で一番働きたい電気工事会社にしたい」と常々仰っていますが、本当に実現できそうだなと思いながら、今は一管理職として働いています。

  • 電気工事士からマネージャー、そして経営幹部へ。

    入社当初は、まさか自分が企業の管理職になるなんて思ってもいませんでした。しかし、ひとりひとりのキャリアビジョンを考え、働き方を選択させてくれるのもオノテックの良いところだと思います。

    例えば、「プロの電気工事士になりたい」と思えば、電気工事一筋で職人になることが出来ます。また、「将来独立したい」と思えば、独立支援を受けることもできます。
    どんな人でも受け入れるのがオノテックであり、小野田社長です。

    また、もちろん私のように一会社員として順調にキャリアステップを踏むこともできます。

    私のように経営やマネジメントに関して素人であっても、外部の研修に行って勉強したいと言えばその費用を負担していただけたり、幹部合宿を社長が開催してくれたりするので順序よくステップアップできている気がします。

    今では、社長に負けないくらいオノテックのことを考えて、引っ張っていきたいと思いますね(笑)

  • 将来の夢はなんですか

    将来の夢はよく社長に聞かれるのですが、やはり明確にはまだないですね(笑)。しかし、この会社には恩があるので、会社が目指している目標とか、社長がよくいっている「電気工事士が一番働きたい会社にする」や「受注棟数日本一」など、そういうところを見据えながら仕事をしています。そういう意味では、目標を持って仕事に取り組めています。

    マネジメントをするようになってからは、年下の社員とか、これから入ってきてくれる社員のみなさまにも、ぜひ目標を探してほしいなと思いますね。もちろん、今夢がなくても、オノテックにいながらじっくり探して頂いてもいいと思います。これから新規事業を始めるので、活躍のフィールドはどんどん広がります。

    皆さんがオノテックに興味をもってくれて、応募してくれたらとても嬉しいですね。まずは気軽にみんなで焼肉でも行きましょう!笑